楽しい夜の街並み

道端で声を掛けたり、仕事やプライベートなど様々な場所で声を掛けることによって出会いは広がっていく。それらはナンパと考えず軽い気持ちで声を掛けるだけでいい。期待せず坦々と自分の好奇心に任せて声を掛けてみよう。すると思ってもみない時に会話が始まっている事に気付くだろう。

いつの間にか会話が膨らみ自分一人だった寂しい空間から二人楽しい空間に変化していく。その空間には少年少女のようなノスタルジックな感覚が呼び起こされるのかもしれない。

SPONSORED LINK




それは若かりし小学生時代。独断も偏見もなく純粋無垢でありのままだった。好奇心旺盛で人とふれあう事に恐れなく接していたあの頃。しかし今では遠い彼方。大した会話でもないのに、はしゃいで盛り上がったりと。休憩時間になったら早く友達やあの娘に会って話がしたい。

あぁ。この人と話すとどこかそんな忘れていたような感覚を思い出させてくれる。するとどこかに遊びに行こうと言われたり、急に連絡先を交換しようと言ってくれる。

うって変わって別の日、本当は好きな相手なのに特段会話が盛り上がらずに今日はこれでおしまい。もうダメだ。もういい!どうにでもなれ!と意を決して手を繋いでみると、案外嫌がられずに逆に向こうの方が喜んで恥ずかしがったりだとか。

終電が無くなるまで会話していたら、意外にも女性の方から車で家まで送ってくれたりもする。

バレンタインデーの日に声を掛けてみると、入ったすぐの店でチョコを貰ったりだとか。遠くで美女を見掛けて声を掛けてみると、実は知り合いだったり、

たまたま声を掛けた女性が、以前に好いた女性と全く同じ顔をしていたとか。
(詳細は短編小説『同じ顔の彼女』より)

会話した女性が美人すぎたので、自分には絶対手が届かない存在だと諦めて「とりあえず駅まで送りますよ」と言ったら「嬉しい!ありがとう」と相手に言われ「俺、案外行けるかも・・・」と感動したりもする。

SPONSORED LINK




このようにナンパは毎回自分の隙を突くような感じで色々な出来事があり、これらのイベントはふと意識しないで忘れた頃に起こる。なので自分自身にする事は、声を掛けて行動する事と何が起こっても良いと受け入れる覚悟である。

出会いは受身でただ待ってるだけでは決して何も起こらない。操作しようとしても上手くいかず。まずは自らが能動的に動いて、受動的になる事を学んでいくのが大事だ。時には何も起こらなくても焦らず時間を掛けてのんびりやる事も必要である。

人との出会いは本当に何が起こるのか解らない。だからこそ人との交流は楽しい。未知なる冒険だ。こういったイベント事もいつ如何なる時に起こるかわからないのが、ナンパやフリーコミュニケーションの醍醐味でもある。

楽しい事が起こるのを待っていないで、自ら楽しみを創造していこう。人それぞれが出会ったキッカケ・出来事はお互い同士にしか理解できない。振り返って思い出すとそれらは自分が創造した唯一のアート作品に見えてくる。

ナンパ師がアートな出会いを生み出し、何もないストリートで行う姿は、現代の『アーティスト』とも言えるだろう。