ナンパという言葉が生まれ、はや何十年と時が経つ。人々はより自由な形で、恋愛を行う術を神から授かった。

しかし、そこに目を付けたかのように不穏な影が忍び寄る。

なんとその者達は人間の愛と自由を奪おうと、制限を設けることを企んだ。

そうすることで人間のエネルギーを奪い、貪るようにして楽しむことができるからである。

それが「ナンパ」という概念を奪う計画だった。

 

その計画とは一体・・・

では、彼らが「ナンパ」の概念を奪う計画とはいったい何なのか?

それは人間にとってナンパは不必要だと信じ込ませ、思考を巧みに操り、自分達の都合のいいように概念を乗っ取る計画だった。

まず手初めてに必要なことが人間を操り間違ったナンパをさせ、そこに邪悪なエネルギーを吹き込むことだ。

それが、「女性をゲットする」ということ。

そして、「愛は得られない、得てはいけない」といった、なんともひねくれた思考を人間に植え付けることだった。

 

そうすることで、人間を思考という永遠のループから逃れられなくし、

しいては、女性を抱いても抱いても満たされない、渇望の渦中に沈め続けることができるのである。

この渦中に沈めることで、人間は囚われた思考という名の牢獄をグルグルと彷徨い続け、

慢性的な行動を強いらせることができる。

こうして彼らは、人間達の惨めで恥ずかしい荒んだ行為を永遠に見続けることができ、

未来永劫、自分達を楽しませることが出来るのだ。なんとも許すまじき行為である!

 

その正体とは・・・

その正体こそが、堕天使や悪魔といった邪悪なる存在達のことである。

彼らは人間達のあらゆる場所に現れ、時としてはいたずらをしたり、人間を遊ばせたりする存在達であった。

だかいつの間にやら堕落し、悪い行いを平気でするようになり、時としてあらゆる場面で人間達をねじ伏せた。

次第に彼らは、人間を懲らしめ痛めつけようと自分勝手で都合の良い歪んだ思考を持ち始めた。

そうすることで神を喜ばせ、弄ぶことができると信じているからである。

なぜならそのようにすることで、自分の方が神より上だと信じることができ、

これが真実だと疑う余地のない信念体系を作り上げていってしまったからである。

 

このように邪悪なる存在達によって、人々はナンパを間違った認識で捉えるようになり、ただ男としての権力や欲望を得るためだけの手段に変わっていった。

次第にナンパに関する情報やノウハウは世に溢れかえり、その結果、歪んだ情報が人々の概念を席巻していった。

そしてこの情報を基に、ナンパ師達は成功するまでのロードマップを完成させ、自らのやり方、方法を元にシステムを構築していく。

結果、益々このような悪いイメージが増え続け、人々の心に宿り続けた。

人々はこうした認識をありのままに受け入れ、情報を鵜呑みにしてしまったからだ。

これらの情報を、全く疑う余地のないまま人々は常識的な観念として捉え、

知らず知らずのうちに、ナンパの新しい概念を無意識の内に形成してしまった。

その結果、恐ろしいことに本来とは全く別の意味として履き違えてしまったのである。

これがナンパという概念が知らぬ間にすり替わってしまった人間の黒歴史なのだ。なんとも恐ろしいことであろう。

 

このような概念に基づき、ナンパ師達は今でも権力や欲望を貪るようにナンパをし続けている。

しかし、そこには決まりきった方法しか残っていなく、中身は明白であり、その一切の情報が暴かれているのだ。

そう、つまりナンパは誰にでもできる領域にまで高められてしまったのである。

これはもう決して揺るがない真実だ。

もう既にナンパを検索すれば一目瞭然で、youtubeやら動画サイトでも閲覧することが可能なのである。

 

それでもナンパが成功しない理由とは?

そんな時代の最中、何年経っても全く成功しないどころか、何も起こらないナンパ師がいる。むしろそんなことが可能なのか?

果たして彼等はナンパ師の落ちこぼれか?

はたまた全く才能が無い魅力に欠けた人間なのだろうか?

しかし全くそうは思えない。

なぜならナンパは、限られた一部の人しか成功できないという思い込みや、

それ以外の何らかの思い込みがあって、それが原因で現実を妨げているとしか到底思えないからだ。

だとすればこの思い込みは一体なんなのか、誰が作って何のために、どのような役に立っているのか?

これらの問題を解決すべく新たなる挑戦として当サイトでは一つのサービスを設けることを決断した。

それがヒーリング(癒し)であり、精神の解放である。

 

当サイトの真の目的

ナンパの宝

冒頭でもあげたとおり、本来ナンパとは一つの出会いの形であり、

互いに必要な異性を求め合うコミュニケーションだったのが、いつの間にやらネガティヴなイメージが先行してしまった。

現在のナンパは、脱出不可能な暗い洞窟の中をただ延々と彷徨い続け、その場限りの飢えを凌ぐため何もない場所を、ただひたっすらに歩き続けているように思える。

果たしてその先にゴールはあるのか、その先にとんでもない秘宝が隠されているのだろうか。

または、脱出を試みる術が分からないのか、もはや脱出を試みないよう自身を屍のように捕えて、呪縛し続けているのかもしれない。

これら全ては邪悪なる存在達の手により思考を奪い取られ、精神までもが蝕まれているのである。

だとしたら、このようなラビリンスに巣食われたナンパ師達を、一刻も早く救わなければならない。

このままいけば結局ゴールは何なのか。何のために声を掛け、何のためにやり続けるのかが一切解らぬままである。

そのような暗闇に一筋の光が差し込み、ふわっと心地のいい安らぎへと導いていくのが当サイトの狙いである。

これから、ナンパに対してのイメージを少しずつ払拭させていく。

そしてこの古い観念から人々を洗い流し浄化させ、ゆくゆくは昇華させていこうと考えている。

それが当サイトの本当の目的であり、私がやるべき行いの一つである。

そしてこれらを最終形として、ナンパをアセンションさせていこうと目論んでいるのだ。これからまた新たなる冒険が始まるだろう。

さて準備は整った、始めるとしようか。