最愛の彼女を作ることを目的としたナンパ
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 短編小説

短編小説

短編小説『世界の終わり!それは野蛮な最後』

ゴ、ゴ、ゴ、ゴ、ゴ・・ 今日は世界の終わりの日。 なぜなら、まもなく地球に巨大な隕石が到着しようとしているからだ。

隕石①

短編小説『運命の出会い!それは身近なところに?』

男『僕、モテないんですよ!』 女『あら、そうなの?』 そんなどうでもいい男女の会話が始まった。

短編小説『ナンパ!し待ち?』

ナンパしてーなー! そんな一言から始まった。

NANPA

短編小説『男と女のカウント数』

カチッ、カチッ、カチッ 日が暮れた夜7時のこと。 路上で三浦という男が何かを数える音に集中している。

カウンター

短編小説『成功する時に限って邪魔者が・・・』

『『青になりました!左右の安全を確かめてから渡って下さい!』』 そんな女性の声が街に響き渡っていた時の事。

短編小説『気になる視線、これってナンパ待ち?』

ガトンゴトン、ガトンゴトン! 暑い夏の日の山手線の電車。

ナンパ小説『マーメイド』

広がる海の水面下に潜った瞬間だった。 そう、私があの娘に出会えた時の事だ。

マーメイド

ナンパ小説『同じ顔の彼女』

しかし、彼女には行って欲しくなかった。 それと同時に、それは言って欲しくなかった。

同じ顔の彼女

著者プロフィール

路上ナンパサポーター
純愛ナンパ.com代表 KEI

路上で約1万人に声掛け。ナンパは一通りを経験。

加えて、悩みを解放するカウンセリング、失恋を何度も繰り返した経験やナンパ音声を通して、あなたの路上ナンパをサポートします。

PAGETOP
Copyright © 純愛ナンパ.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.