ゴ、ゴ、ゴ、ゴ、ゴ・・

今日は世界の終わりの日。

なぜなら、まもなく地球に巨大な隕石が到着しようとしているからだ。

The Falling Meteor Rain. Comet in space, meteor and energy, asteroid glow, powerful star moving. Elements of this image furnished by NASA


SPONSORED LINK



到着すればその引力やら衝突の影響で何もかもが木っ端微塵になること間違いないだろう。そんな衝撃的な世界にまもなくなると。
それを間近で想像させる時だった。

残り時間は3時間。

オレンジ色の炎のような光り輝くものが空から降ってくるように見える。

果たしてそれは夕陽なのか?
落ちてくる隕石なのか?
それは誰にもわからない。

ここは日本の中学校である。
崇という中学生が、学ラン姿で久しぶりに学校へと通っていた。

誰も居そうにない夕方の時間帯。
教室へ行くと、そこにはクラスの美少女でありマドンナの美子ちゃんが、制服姿でただ1人座っていた。

崇『美子ちゃん!』

美子『あら崇君、久しぶりね!』

何故だろう。その時、崇は美子が自分を待っていたかのようにも感じた。

崇『なんだか地球が消滅すると聞いて居てもたってもいられなくて・・・学校に来てしまった』

美子『そうなのね・・・でも私、今日崇君がココにくる事、予感してたの・・・』

崇『えっ?そうなの?・・・』

美子『うん』

崇の予感は的中した。

美子『じつはわたし、崇君の事が、前から好きで・・・』

途端に顔が赤くなった。

崇『えっ?』
美子の顔を見て、崇も同じように赤くなった。

崇『あ、ありがとう・・・』

しかしなんとも悲しいことに、今日は世界の終わりの日である。

崇(なんでこんな日に限って・・・)

崇はふと窓の外を見た。すると空にはまばゆいオレンジ色の光が徐々に近付き、前より大きくなっているのが見える。

やはり隕石なのだろうか。

その光を目で追っていると、崇は自分の中にある野蛮な性格が姿を現した。そして、その光と野蛮な性格に焦点を当てた途端、己の欲望に火が点く。

あたかも、満月を見て覚醒したサイヤ人の大猿のように。

ウオオォォーーー!!!

崇は覚醒した。

崇『もう恋愛ごっこなどには興味はない!』

美子『えっ?』

崇『グヘヘへへへ、実は俺も、お前の事が大好きだったんだぁ~!!!
崇の野蛮な心が遂に、自分の顔にも現れた。

美子『えっ?崇くん?・・・崇くんどうしちゃったの?』

美子は今まで好きだった崇の素顔を見て、困惑した。
そしていよいよ地球と隕石がぶつかる瞬間だった。

崇『やらせろっ!やらせろっ!』

美子『なっ?・・・なにするの?・・・やめて!・・・触らないで!

そして、今まさに衝突へのカウントダウンに入った。

3

2

1

美子『キャアーーー!!!』

0

ドゴオォォーーーン!!!

隕石は地球とぶつかり、共に粉々に散っていった。そこには粉々になった破片と少女の叫び声だけが残っていた。

ダメェェーーーーー!!!

そして、世界は終わりを遂げた。
これも一種のサードインパクトなのだろうか?

ふと、そんなたわいもない妄想話を中学生の時、友人と話していた事を思い出した。

そして中学生時代から、はや15年が経つ。

崇『平和はつまんねぇーなぁ。』

崇は2階建てアパートの窓から顔を出し、ヒジをつきながら窓の外を見ていた。

そんな時、目の前に制服姿の可愛い美少女が歩いていた。

崇『あっ!若くて可愛いな~!』

崇『グヘヘへへへ!』

『あんたいい加減に働きなさいよっ!』(バシッ!)

後ろを振り返ると、母親がふとん叩きで床を思いっきり叩いている。
何やら目付きと口調で怒鳴りかけていた。

母『女のケツばっかり追っ掛けて!全くもう!』

崇『はいっ!』

そんな世界も終わりを告げた。

ダメェェーーーーー!!!


SPONSORED LINK